睡眠の目的と大切さを知っておこう♪

睡眠時間が短かった次の日、
「化粧のノリが悪い…」「肌がガサガサする…」
など、肌の調子がいまいち。。。って経験をしたことある人は多いのではないでしょうか?

こちらに大人ニキビ対策 まずは 睡眠不足 解消を!って記事を書きました。

睡眠不足は大人ニキビや肌荒れの原因になってしまうんです。。。
でもなぜ睡眠が不足しただけで大人ニキビの原因になったりしてしまうのでしょう?

それにはまずは睡眠の目的について知っておくことが大切なのです!

【睡眠の目的は大きく分けて4つ!】

1:脳を休めるため!

起きている間、私たちは片時も休むことなく脳を酷使しているのです。
ボ~っとして頭を休ませているつもりでも、脳はしっかり働いているのです。

しかし長時間働きっぱなしだったり、勉強をし続けたりすると、集中力が途切れたり、記憶力が低下したり、イライラしたりするなどの状態になったことってありますよね。

これは脳が疲労を感じている証拠なのです。

なので、やっぱり脳にも休息が必要で、それが『睡眠』なのです。
身体の疲れは横になることである程度取り除くことができるのだけど、脳の疲れは、眠りによってしか解消することができないようなのです。。。

明日の活動のエネルギーのためにも、やっぱりしっかり睡眠を取ることは大切なのです!

2:体を休めるため!

先に体を横にするだけでも疲れは取れると書きましたが、ある程度は取れても、しっかり取ることはできないので、やっぱり睡眠で取る必要があるのです。

睡眠中に筋肉をゆるめることで休息を与えます。
さらに、筋肉の中に溜まる疲労物質『乳酸※』を処理してくれるので、翌日元気にまた動き回れるようになるのです。

※乳酸…解糖の最終生成物であり、筋肉中に蓄積されると疲労の原因となる

3:自律神経を休めるため!

『交感神経』『副交感神経』からなる自律神経は、内臓の機能を支配している神経で、休息させることがとても大切なことなんです!!!
自律神経のバランスを崩してしまうことで、肌荒れどころか、精神的バランスや、健康状態などにも悪影響を与えてしまうことになるのです!

  • 交感神経…別名『昼の神経』。活動的な行動や、何かを一生懸命にしている時に活躍する神経です。
    脳に血液をたくさん送り込む役割などがあります。
    緊張や不安、興奮、怒り、恐怖などの精神的刺激に対しても働きます。
  • 副交感神経…別名『夜の神経』。リラックスしている時に働く神経です。
    体を緊張から解きほぐし、休息させるように働くよう切り替える役割もあります^^

4:細胞を新しくするため!

睡眠中には『成長ホルモン』が分泌されます。
成長ホルモンは子供の時にだけ活躍するのではなく、大人になってからは、体の機能修復に大きな影響を及ぼします。
成長ホルモンが新しい細胞を作ってくれるので、睡眠を取ることは、美肌にもつながっているんですね^^

やっぱり睡眠は大切!

この4つの睡眠の目的は一見、肌荒れや大人ニキビとは関係ないように思うかも知れませんが、どれもとっても大切なことなんです!
体や脳がなどが疲れた状態であるってことは、肌も疲れているってことなので、くすみや肌荒れの大きな原因になります。

自律神経が乱れることで、ホルモンバランスまで乱れてしまい、肌のキレイを保っている女性ホルモンにまで悪影響を与え、大人ニキビの原因になります。

そして、新しい細胞が作られなくなると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌荒れ、大人ニキビなどの原因になるどころか、肌老化を進めてしまうので、どんどん老けてしまうことになるんです(≧▽≦)

やっぱり睡眠って大切なのです!

美肌タイムにしっかり睡眠を!

そして↓こちらにも書いたのですが、
大人ニキビ対策 まずは 睡眠不足 解消を!
ただ単に睡眠時間を取れば良いってワケではないのです。

細胞の分裂を促し肌を再生する成長ホルモンの分泌夜の10時~夜中の2時なのです。
そして、一日の中で最も深い眠りの時に成長ホルモンの分泌が多いってことがわかってるようなので、この時間帯に寝ることが大切!

そして、さらに成長ホルモンがじゅうぶん分泌されるのは、寝始めの3時間だけ!
寝始めの3時間に深い睡眠を取らなければ成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうのです!

もう一つ注意したいのが、毎日同じくらいの時間帯に寝ること!
毎日不規則だと、体内時計がくるってしまい、ホルモンの分泌にも大きく影響を与えてしまうのです。
なのである程度決まった時間に寝ることはとても大切なことなんです!

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ