大人ニキビケア…正しい洗顔料の選び方

美肌の基本は洗顔にあると思います!
もちろん大人ニキビ対策・予防にも洗顔は大切!

洗顔の仕方はもちろん、洗顔料の選び方も大切なのです。

そして、正しい洗顔料を選ぶには、まずは洗顔の正しい役割を知ることが大切です。

まずは肌の汚れのこと知る

顔の肌は、服を着ている部分とは違い、排気タバコの煙、ホコリなど空気中の汚れに四六時中さらされっぱなしですよね。。。
そして女性はどうしても欠かせないメイクアップ!
メイクも肌にとっては大きな汚れの一つなのです。

こういった、外部の汚れに加え、内側から排出される汚れの皮脂古い角質、などが顔の表面で混ざり合っているんです。

これがお肌の汚れの正体なんです^^;
この状態をもし放置してしまっていると…

雑菌が繁殖し、皮脂が酸化したりして、肌への刺激物に変化してしまうことになり、トラブルだらけのお肌になってしまうかも知れないのです!

洗顔の役割って?

メイクはクレンジングでしっかり洗い落とします。
→大人にきびケア…クレンジングについて…。。。

その後が洗顔の役割になります。

これだけです^^
洗顔の役割・目的はごくごくシンプル♪
なので、選ぶ洗顔料もシンプルなものほど良いと言われています。

洗顔なのですぐに洗い流してしまうので、美容成分が入っていても、すぐに洗い流してしまうからです。

どんな洗顔料を選べば良いの?

数年前に石鹸ブーム(?)のような流れが起きて、今は本当にたくさんの石鹸、洗顔料が出回っています。

これだけ種類があふれていると、どれを選んだら良いのかさっぱり分からなくなってしまいますよね。。。

だけど、まずはシンプルな目で選ぶことが大切!
洗顔の役割はしっかり汚れを落としてくれること!

あれもこれもと悩んでしまったら、この基本に戻ること!

一番良いのは、さっぱりと洗い流してくれる『固形石鹸』
やっぱり、お肌にも一番良いようです。
それは、
しっかり汚れが落とせて、肌に余分なものが残らないから!

例えば、最近よく目につく『しっとりタイプ』の洗顔料には油分が含まれている場合が多く、肌に余分なものとして残ってしまうのだとか。。。

洗い上がりはしっとりかも知れませんが、肌に油膜が残ることで、ニキビは悪化したり、その後の化粧水などの浸透も妨げるのだそうです!要注意ですね。

しかし、やっぱりさっぱりし過ぎるものは問題外なので、そこも要注意したいところ!

ポイントは油分が入っていない、サッパリ洗える固形洗顔!なのです^^

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ