「つけていたのに焼けた・・・」をなくす、効果的な日焼け止めの塗り方

夏になると特に気になるのが紫外線。
対策をしないと、シミや小ジワ、乾燥などの原因になります。
表面だけでなく、お肌の中まで影響するので、そうなってから後でケアしようとするとなかなか大変です。

なのでできればシミやシワを作る前にケアしたいところです。
でも、

「つけていたのに焼けた・・・」

という経験をしている人は結構多いと思います。
実は、使い方を間違えていることが多いんです。

それを防ぐため、美容家の佐伯チズ先生が正しい塗り方を教えていたので、まとめてみました。

SPFは高ければよいわけではない

SPFというのは、紫外線 B 波( UVB )をカットする力の強さを表します。
数値は、日差しに直接あたった時に日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。
日差しの強さは関係なく、日差しに当たる時間が関係します。

1で15~20分と考えられているので、数値は高いとこれだけで良さそうに思えますよね。

でも、数値が高い方が万能というわけではありません。

PAも同じですが、数値が高いものばかりつけていると、お肌に負担がかかります。
ピリピリしたり赤くなったりする人もいるんですね。

そして、数値が高いものはベタっとして、「つけています」という感じが嫌ということで、量を少なくする人もいますが、それでは数値通りの効果は期待できません。

それよりも、低いものを選んで効果的な使い方をした方が良いんです。

佐伯先生は普段、SPF12くらいのものを使っているそうです。

そして、普通に町を歩く場合は20~30を目安にすれば十分です。
(帽子や日傘も忘れてはいけません^^)

状況に応じて使い分けましょう。

家にいる時もつける

日焼け止めは、日差しに直接当たっていなくても必要です。

紫外線は晴れている時だけでなく、曇っていても地上まで届きます。
薄曇りで80%、日陰で50%、そして、部屋の中にいても10%も入ってくるんです。

だから、家の中にいるから安心、というわけではありません。
いつの間にか日焼けして、いつの間にかシミやシワを作ってしまいます><

SPFが低いもので良いので、家にいる時も使った方がよいですね^^

また、紫外線に気をつけた方がよいのは、夏だけではありません。
できれば年中つけて、お肌をしっかり守りましょう。

保湿分を混ぜて使う

お肌のトラブルを防ぐには、しっかり保湿することが必要です。
水分があった方が、お肌を守りやすいんです。

日焼け止めを使う時、お化粧する前がいいのか、後が良いのか迷う人もいるかもしれませんが、実は乳液や美容液を日焼け止めと混ぜて使ってもOKなのだそうです。

むしろ保湿力が高まるので、その方が効果的なのだとか。
それに、硬かったりして塗りにくいものも、使いやすくなります^^

つけているだけじゃダメ!量はしっかり

日焼け止めの効果がでない、という方は、実は量が少ないという場合が多いんです。
ひと夏で使いきれない、という方は量が少ない可能性大!

実は、伸ばしてつけているだけ、では不十分なんです。
お肌の表面につけただけだから、

「つけていたのに焼けてしまった・・・」

ということになってしまうんですね^^;

なので、塗るように使うのではなくて、化粧水と同じように馴染ませることが大切です。

塗り方は

  1. 日焼け止めと乳液をそれぞれ真珠大ずつとり、手のひらでしっかり混ぜる。
  2. 両ほほ、額、鼻、あごの5ヶ所に広めに乗せる。
  3. 手のひらで肌の隅々まで入れこむ

となります。
量たっぷり自分の体温で温めて、しっかり馴染ませることです。
耳の際や首まで伸ばし、指の腹で押しこむように馴染ませましょう。

白くなると嫌だという人もいますが、体温で温めてなじませると、1~2分すれば馴染んで白いのもおさまってきます。

朝正しくつけたら、後でつけ直さなくても良いほどなので、化粧崩れも心配ありません。
夜帰った時は綺麗に洗顔しましょう。


まとめると、

  • SPFの数値は使うシーンで選ぶ
  • 保湿分を混ぜて使う
  • 量をたっぷり使って馴染ませる

ということですね^^

グラスオール

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ