大人ニキビケア…過剰な洗顔&クレンジングはNG

大人ニキビの原因 寝不足

最近は情報が多いので、ずいぶん減ったとは思うのですが、大人ニキビの気になる人の中には、

「皮脂や汚れをしっかり落とさなくては!」

と、しっかり洗顔を1日に数回石鹸を使って洗顔をしているって人がまだまだおられるようです。

あと、メイクをしていない日でも、

「しっかり落とさなくては!」

と、クレンジングと洗顔のW洗顔を毎日しているって人もいるのだそうです。。。

確かに、にきびケアのポイントの一つは、肌に汚れを残さず、清潔に保つことなんですが、「しっかり!」ばかりに意識を傾けた上記のような洗顔では、洗いすぎなのです!

それにただ単に、一生懸命ゴシゴシ洗ったからといって、皮脂がたくさんとれるワケでもありません。。。

なぜ洗いすぎやゴシゴシ洗いはダメなの?

それは必要以上に、肌の潤い成分を取り除いてしまうからです。

ニキビの悪者は『皮脂』なんですが、
皮脂の中には天然のベールと呼ばれている『皮脂膜』があるんです。

皮脂膜は外からの刺激から肌を守ってくれたり、肌内部の水分が外に逃げてしまわないようにガードの役割もしてくれているのです!

この皮脂膜がなくなると、肌細胞の隙間をうめてくれている肌の保湿成分(セラミドなど)が蒸発して、肌はどんどん乾燥してしまい、これがさらに大人ニキビの原因にもなるんです!

しかし普通に洗顔をするだけで、少なからずこの皮脂膜が流れてしまっているってことを知っておきましょう。

それを1日に何回も洗い過ぎることで、皮脂膜が流されてしまっています。
さらに、ゴシゴシとこすることでも皮脂膜が流れすぎてしまい、にきび肌に摩擦で刺激を与えしまうことに!

そうなると、角質が硬くなってしまう原因にもなります。。。
ましてや、スクラブ系の洗顔でゴシゴシと洗う人もいるようですがキケンなのでやめておきましょう^^;

そしてクレンジングは、油分でできた化粧品を落とすための洗顔です。
皮脂膜も油分なので、通常の洗顔よりも皮脂膜が流れてしまう可能性が高いのです!

なので、メイクのしていない時や、パウダーファンデだけなどの軽いメイクの日には、クレンジングはしない方が良いのです!

しっかり洗顔=ゴシゴシ洗うではない!!

しっかり洗顔=ゴシゴシ洗うではなく、洗い残しのないようにくまなく洗うこと!
ゴシゴシ洗っている人の勘違いはここです。
洗顔をする時ってけっこうアバウトな人や大胆に洗う人が多いのだそうです。
洗い残しが多いとさらに肌トラブルの元になってしまいます。

目頭のくぼみや、眉間、顎ライン、耳付近やこめかみなども意識して優しく洗いましょう♪
耳の後ろやデコルテまで洗うつもりでくまなく汚れを落とすように心がけましょう。

すすぎも大切!

もう一つ注意したいのがすすぎ!
髪の生え際や、頬と首の間、眉間なんかも泡が残りやすいところです。
すすいだ後、目をつぶったままタオルで顔を拭くのではなく、鏡でもう一度洗い残しがないがしっかりチェックしましょう!

そして洗い流すのはぬるま湯で!
冬はどうしても冷たいので、お湯で洗う人も増えるのですが、肌の乾燥を酷くしてしまいます。
冷たくない。。。程度のぬるま湯で洗うのがベスト!です^^


※正しい洗顔料の選び方は?
大人ニキビケア…正しい洗顔 料の選び方

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ