タマネギを食べれば1ヶ月で血管が若返る!

全身を巡っている血管は総延長10万キロ。。なんと地球2周半もの長さ!
総面積は3000平方メートルデテニスコート6面分!!
人体最大の臓器とも言われている血管。

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

血管って大切ですよね。
全身のあらゆるところに栄養や酸素を送るパイプラインで、命のパイプラインでもあります。

そして美容にも大きく関わっているのが血管です。

血管が若返れば、それを包む臓器も若返ります。
臓器が若返れば身体全体が若返って、見た目も若々しくなって、お肌だってイキイキ!

身体の内側の健康が外側の美容に現れてくるんです。
いくつになっても若い人はたいてい口にしています。
『外側の美は内側から』って(^∇^)

そんな血管ですが、普通にただ年齢を重ねるだけでやっぱりお肌と一緒で老化していくもの。
弾力がなくなり、収縮して血液の流れを悪くしてしまうのです。これがいわゆる動脈硬化です。。。

それも自覚症状はゼロ。。。肌が荒れるどころの話ではなく、いきなり「心筋梗塞」や「脳梗塞」に至ることも。
30代でも他人事ではないのです。

でも朗報です!

血管は他の臓器と違ってしっかりケアをすれば非常に早く若返ることができるのだと最近の研究から分かったらしいのです!!
その早さがすごい!たった1ヶ月あれば血管を若返らすことができるんです!

血管の老化を測るFMD検査

血管は3つの層からなっています。

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

その層の一番内側には「血管内皮」があります。
この血管内皮細胞の機能が正常だと正しい指令を出すことができ、血管は柔軟に広がったりして血液の流れをスムーズに調整し健康を保つことができます。

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

でも血管を老化させてしまう「活性酸素」が増えてしまうと血管内皮機能は低下します。

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

柔軟性もなくなり、血管は硬く縮んでしまいます。これが「動脈硬化」につながるのです。。。

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

この気になる「血管内皮機能」の状態は病院で検査することができます。
「FMD検査」と言うのだそうです。

FMD検査はもっとも初期段階での動脈硬化の診断をするのにとっても有効なのだそうです。
自分の血管の状態を早く知って生活習慣を正すことができて良いなと思いました♪

検査方法は血圧検査に似ていて、腕の血管を締め付けて5分後に一気に緩めるといった内容でとても簡単。

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

この検査で測れるのは、血管の拡張具合。
安静時の血管の幅と、血管を一気に緩めた時に起こる最大拡張時の血管の幅、この血管の幅の差が大きいほどしなやかな血管でより若く健康ってわけなのです。

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

その拡張率を調べるのが「FMD検査」なのです。
ちなみにFMD値が6%以上あれば血管内皮機能は正常なのだそうですよ。

つまりFMD値をアップ↑させることが血管を若返らせること!なんですね。

FMD値をアップしてくれるタマネギパワー!

FMD値をアップしてくれる、つまり血管を若返らせてくれるのが『ケルセチン』だということが最近の研究で分かったのだそうです。
たった1ヶ月でこのケルセチンという成分が血管を若返らせてくれるんです!!!

ケルセチンは植物に含まれる黄色色素(きいろしきそ)のこと。

これはポリフェノールの一種で、強い抗酸化力を持っているのだそうです。
いろいろな野菜に含まれている成分ですが、中でもダントツに玉ねぎに多く含まれているのです。

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

ケルセチンの抗酸化力を試すために、平均年齢44歳の男性33名が、1ヶ月毎日ケルセチンエキスを摂取する実験をおこなったようです。
すると、血管の拡張率を示す指標(MDF値)にこんな結果が!

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

ケルセチン摂取前に比べて摂取後は平均1.6%も改善したのです。

たった1.6%?って思ってしまうんですが、これを年齢に換算すると10~20歳は若返ったことになるのだそうですよ!
ケルセチンの持つ強い抗酸化力が血管の活性酸素を除去してくれた証拠ですね。

血管を若返らせる玉ねぎの食べ方

ではどれくらいタマネギを食べれば効果があるのでしょう?

1日に玉ねぎを200g食べれば効果が出ると考えられているようです。(※広島大学・東幸仁教授調べ)
これは玉ねぎの中1個分くらいになります。

タマネギで若返る!ケルセチンの効能

ケルセチンは嬉しいことに熱に強いので、加熱調理OK!煮るなり焼くなり好きにして大丈夫♪
また低温にも強いので。スライスして冷凍保存してもOK♪

注意したいのは生で食べる時です。
サラダなどで食べる時は水にさらすことが多いんですが、ケルセチンは水に溶けやすい成分なので、量が減ってしまうのだそうです。
スープなど汁ごと食べる料理などの方が効率的に摂取できて良いようです。

でも、もっと少ない量でケルセチンを摂る事ができる方法があるんだそうです!!
タマネギに含まれるケルセチン量をなんと4倍にも増やす方法が、しかも家庭で簡単にできる方法があるんです。

血管を若返らせてくれるケルセチンを4倍に増やす方法

そしてタマネギレシピはこちら。
血管ピチピチ!タマネギを美味しく食べるレシピ


ここに書いた内容は「はなまるマーケット」で紹介された内容です♪

タマネギには血管だけでなく、血液をさらさらにしてくれる効果もあるんです♪
タマネギパワーについていろいろ書かれた参考になる本はこちら。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ