お風呂博士に聞く”免疫力アップ・肩こり改善・疲労回復”のお風呂の入り方

毎日なんとなく入っているお風呂ですが、お湯の温度や入浴時間などの組合せによって”疲労””肩こり””免疫力の低下(すぐに風邪をひいてしまう)”などのあらゆる体の不調を改善できるのだそうです。

入浴のポイントは3つ、

  1. お湯の量
  2. お湯の温度
  3. 入る時間

です。
この組合せを変えることで、

  • 疲労回復
  • 肩こり改善
  • 免疫力アップ

に効果のあるお風呂の入り方になるのだそうです。

お風呂の入り方で効能が変わってくるなんて知らなかったので、ここでもまとめておきたいと思います。

※ココに書く内容はあのお風呂のことを研究し続けている”バスクリン“の入浴のエキスパートが集まる社員の中でも『お風呂博士』と呼ばれている”石川泰弘”さんが紹介されていた内容です。
本も出されています↓

疲労回復に良い入浴法

・湯量→全身浴
 肩ぐらいまでつかるようにして水圧をかける(※)

・温度→40度
 低めの温度の方がリラックス効果がある。

・入浴時間→15分
 体の中の血流が良くなる。

(※)
肩までつかることで、全身に水圧がかかって心肺機能が高まります。
すると心臓が動き始めるので血液のめぐりがとても良くなるんです。

そして15分くらいすると額にうっすらと汗が出てきます。
これは体が温まってきた証拠で、血液循環も良くなってくるので、15分程度の入浴がベストなんだそうです。

《余談》
脳科学の先生()曰く、、、
「これは有酸素運動に匹敵する効果が得られると思います。
 ジョギングでその辺をぐるぐる走り回るより、この入浴法をしっかりやった方が良いような気さえする。
 そして脳への血流を上げることで脳を若返らせたり、脳の老化を抑えたりするっていうのが有酸素運動の基本なので、この入浴法は全く同じ効果がある」
とのこと^^

肩こりに効く入浴法

・湯量→全身浴

・温度→41度

・入浴時間→10分

肩こりはご存知のとおり、血の流れが滞ってしまって筋肉が固まってしまっている状態の時におきます。
これも全身浴で肩までつかってしまって、疲労回復入浴法よりも1度だけ高くし、10分ほど短く入る入浴法がおススメです。

「お湯の温度をたった1度変えただけで変化はあるの?」
って思うかもしれませんですが、たった1度でも体全身で感じる温度は結構高くなるので変化があります。

免疫力を高める入浴法

・湯量→全身浴

・温度→40度

・入浴時間→20分

今注目されている”ヒートショックプロテイン”。

これは人の体の中にあるたんぱく質の一種のことです。
これが、熱の刺激によってたくさん出てくるのです。

そして弱った細胞そのものをじわじわと強くたり、もう治ることのない細胞は殺していってくれます。

このように”ヒートショックプロテイン”の働きで細胞を強くなっていくので、体そのものが強くなり免疫力がアップするということです。

今回のこの免疫力アップの入浴法は、少し長くて20分入浴します。

40度は少しぬる目の心地よい温度なのでけっこう長く入れそうですが、10分も入ると熱くなり汗が出てきます。
20分入るには熱くなりすぎるので少し我慢が必要です。

そしてここからがポイントです!

風呂上り後の30分は決して体を冷やさないこと。

上がった体温が下がるのをゆっくり待ちます。
この間、冷たいお水で、体を冷やさないようにも気をつけましょう。

すると、この入浴から2日後にはヒートショックプロテインが体内で大活躍してくれるんです♪

不思議なんですが、ピークになるのが2日後なので、何か勝負事などがある時は、2日前にこの入浴法をすることをおススメします^^

そしてこのヒートショックプロテインは約1週間活動してくれます。
なのでこの免疫力アップ入浴法は週に2回入るだけでOKなのです。

※この入浴法は長寿にも繋がる入浴法でもあるんだそうですよ^^


BELIVA ビライバ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ