大人ニキビの勘違い…アクネ菌って悪者?

アクネ菌(ニキビ菌)について

昔のCMの印象からか、

『ニキビの原因菌はアクネ菌(ニキビ菌)!』
『アクネ菌を殺菌することでニキビになりにくい肌になる!』

という考え方が根強くあるようです。。。

確かにアクネ菌が増殖してしまうことで、ニキビを悪化させてしまっているので、一つ原因ではあるんだけど、忘れてはいけないのは、アクネ菌は悪者ではないってこと!

腸の中にいるビフィズス菌が腸の働きを良くしてくれているのと同じで、肌にも肌に必要な常在菌がいて、肌のバランスを守ってくれているのです!

それがアクネ菌なので、殺菌してしまおう!と考えるのは、とてもキケンなことなんです。

なので、アクネ菌を殺菌してしまうような洗顔で、毎日ゴシゴシ洗っていると、肌は常にトラブルの絶えない『敏感肌』『乾燥肌』になってしまうので要注意です!

大人ニキビの予防にも、大人ニキビができてしまった肌にも、大切なのは、正しい洗顔です。

正しい洗顔とは、脱脂力や殺菌力の強い洗顔料で洗うのではなく、合成界面活性剤が使われていない(固形石鹸がオススメ)不必要な汚れを落としてくれる洗顔料をしっかり泡立てて、泡の弾力を利用して優しく洗顔すること。

そしてその後はしっかり保湿。
油分は控えた方が良いけど、保湿はしっかり!これ鉄則です^^

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ