大人ニキビと思春期ニキビの違いって?

大人ニキビと思春期ニキビの違い

10代にできるニキビと、20代以降にできるニキビは区別されています。

パッと見た感じは同じ『ニキビ』なんだけど、できる原因が違うからです。

10代の頃にできるニキビは通称『思春期ニキビ』もしくは『10代にきび』。

それに対して20代以降の大人にできるニキビは『大人ニキビ』もしくは『アダルトにきび』なんて呼ばれています。

できる原因が違うので、スキンケアの方法も違ってきます。

思春期ニキビって?

思春期のニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうことが主な原因。

皮脂量が人より多いからニキビに繋がるんだって思われがちなんですが、実はニキビができやすい人が特別皮脂量が多いってワケではありません。

単純に、皮脂が外に出る道(毛穴)がまだ細いために起こるのが主な原因のようです。

なので、成長と共に治まる場合が多いのですね^^

ただ、食事の問題や過剰なメイクなども絡んでいる場合もあって、過剰に皮脂分泌して起こるパターンもあるそうですよ。

なので、とにかく洗顔はしっかり!そして過剰過ぎないケアが大切。

大人ニキビって?

大人ニキビは思春期ニキビに比べると、原因はもっと複雑になります。

ニキビができてしまうメカニズムは、表皮のターンオーバーのリズムが乱れ、角質層が厚くなり、うまくはがれずに毛穴をつまらせてしまうことが主な原因です。

ターンオーバーが乱れてしまうのは、『ホルモン』や『免疫』が乱れ、体内バランスが崩れてしまっているからで、その理由はさまざま!

毎日の生活のストレス、睡眠不足、運動不足、そして食生活など、生活の中のあらゆることが体内バランスを乱す原因につながっているのです。。。

さらに大人ニキビを悪化させる要因としては、化粧品が挙げられます。

過剰なメイクや間違ったスキンケアでニキビ肌になってしまっているのかも知れないのです。。。

ケア法も色々あるので、また別で紹介したいと思います。

ニキビができる部位の違い

思春期ニキビは顔全体にできる場合も少なくないのですが、主にTゾーンにニキビができてしまうことが特徴のようです。

大人ニキビの場合はUゾーンにできるパターンが多いようです。

これは、大人ニキビは男性ホルモンの影響でできるニキビだとも言われていて、男性でいうとひげが生える部位、つまり比較的顔の下で、アゴの線に沿ったあたりや、口周りなどにできるのが特徴のようです。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ