暑くて寝苦しい夏でもぐっすり眠る方法

睡眠は美容の大敵ですよね。
でも今年の夏は節電も大切。。。なのにいきなりの猛暑。。。
ぐっすり眠れていますか?

まだまだ夏の体になりきれていない今の(6~7月)状態はなおさら寝苦しい日が続いているかと思います。

寝苦しいのをムリして我慢しているのも良くないし、かといって、冷房で寝るのも節電の問題だけでなく、やっぱり体を弱くしてしまいます。。。

なので、やっぱり猛暑でもぐっすり眠れる方法を知って、快眠生活で美肌力もアップ↑させて、今年の夏も快適に乗り切りましょう~。

快眠のポイントは体温!

睡眠と大きく関係しているのが”体温落差”なんです。
人はその体温が大きく急激に下がる時に眠くなるのだそうです!

なので、眠りに合わせて体温を上げておいて布団に入ると、その温まった体温が下がる時にぐっすり眠りに入ることができるんです。

その逆に、例えばお風呂をシャワーで済ませて、風呂上りに暑いからと冷房をつけたり、アイスクリームや冷たい飲み物を飲んで、体をガンガンに冷やしてから布団についてしまったらなかなか寝付くことができません。。。

下がった体温と室温との差がない状態だと人は暑苦しく感じてしまうので、冷房の温度をさらに下げなければならなくなるんですね。。。

快眠のポイントは寝る2~3時間前あたりから体温を上げておくこと!

体温をあげるヒントは食事!

あまりに暑いとどうしても冷麺やそうめんなど、冷たい食事ですましてしまいがちになるんですけどそこも間違い!

夜ご飯は体を温めるものを選びましょう!
特にカレーなどのスパイスの効いた辛い系のものはおススメ!
血流を良くして代謝をアップしてくれるので、体を温めてくれます。

だけど、カレーには体の中の熱を外に出す効果もあるので、熱を溜めることはないので、カレーを食べた後は逆に清涼感を感じるかと思います。
カレーは夏にぴったりの食べ物なんです。
(さすが暑い国、インドの食べ物なだけありますよね^^)

だけど、冷麺やそうめんなどを夜ご飯にしているとやはり体温が上がることがないので、眠りにくい体になってしまいます。

冷たい冷麺やそうめんはお昼に食べるのがおススメ!
体を温めて体温の落差を作らずに済むので、昼からも元気に頑張れます。
逆にお昼にカレーを食べると、午後に会議があったりすると睡魔と闘うことになり大変なことになるんです^^;

お風呂は寝る前に湯船に浸かる

お風呂の湯船に浸かると、ぐっすり眠れること間違いなしです^^
体を中からしっかり温めてから出ると、夏の室温でも涼しく感じるもんで、しばらくすると汗もスーッとひくもんです。

足の末端まで温めるので、老けない体づくりにも、湯船に浸かることは必須だと私は思ってます^^

温かい飲み物を飲む。

お風呂から出たら、コップ1杯の水を飲むことも大切なことですが、なるべく常温に近いお水を飲んで、できたら寝る前に温かい飲み物を飲みしょう。

体温を上げてくれるので、ぐっすり眠ることができます。

部屋の温度を下げるよりも湿気を逃す

人は気温が高いことよりも、湿気が多いことの方が絶えれないのだそうです。
それは、湿気が多いと出た汗が肌の表面から蒸発せずに残ってしまいます。
人は暑いと汗を出して、その汗が蒸発する時に体温を奪うので、暑さに耐えることができるようになっているのに、湿気で蒸発しないと、体温は一向に下がりません。。。

なので、冷房をかけて室温を下げるよりも、扇風機の風を利用して湿気を逃すと、寝苦しくなくなるのだそうです。

部屋に湿気がこもらないように、部屋の角に風を当てて空気を循環させて、なるべく湿気を他所にやっちゃいましょう^^

エアコンの除湿もあるじゃないか!と思いますが、除湿は冷房機能の中でも最も電力を使うので避けたいところです。。。

電気のかからないクール寝具も活用!

それでも温かい食べ物も、湯船に浸かるのも、温かい飲み物もムリ!
って人におススメなのが、今年大人気の『クール寝具』。

例えば、このジェルシート。

枕の上に敷いて寝ればひんやり♪
前もって冷蔵庫で冷やさなくてもひんやり気持ち良いそうです。

こういったグッズも今はたくさんでているので、体温を下げてぐっすり眠りましょう~。

すると疲れもすっかり取れて、翌日の猛暑もまた乗り切れるパワーが作り出せますよね^^


暑い!って感じることをコントロールすることってある程度できるんですね。
暑い夏は始まったばかりです!
元気にのりきりましょう~。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ